高度専門職1号ハ「経営・管理」への変更

在留資格「経営・管理」で在留する外国人経営者が高度専門職1号ハ(経営・管理)に変更するケースが増えています。


 

高度専門職ビザのメリット

  1. 在留期間が一律「5年」

  2. 永住許可申請が最短3年または1年で可能

  3. はぐうしゃのフルタイム労働が認められている

  4. 本国から親を呼び寄せることができる

  5. 家事使用人のビザが取得できる

  6. 複合的な在留活動が許容される

 

高度専門職1号ハ(経営・管理)取得の3大条件

  1. 会社を経営していること

  2. 「高度専門職ポイント制」で70点以上あること

  3. 日本の経済発展に寄与すること

 

在留資格の変更を希望する方が忘れがちなポイントは、『日本の経済発展に寄与すること』です。ポイントが80点あったとしても、会社の経営状況がよくない場合は、高度専門職1号ハには変更することができません。

会社の経営状況を改善するところから、始めるケースもあります。


高度専門職ビザへ変更をご検討の方は、当社までご相談ください。

経験豊富のコンサルタントが、皆様をサポートいたします。







閲覧数:7回