icon2.png

法人・組合設立

「個人事業でやってきた事業を法人化して大きくしたい」

「今までの経験を生かして独立したい」

「協同組合をつくり技能実習生を呼びたい」

​あなたの起業をワンストップサポート

法人には、営利法人(株式会社、合同会社、合資会社、合名会社)や非営利法人(NPO法人、医療法人、協同組合等)があります。

どのような法人を選択するかにより、メリットとデメリットがあり、煩雑な書類作成が必要です。

​当社では、グループ内の税理士や提携する専門家と連携し、法人設立前から法人ができた後もワンストップで様々なサービスを提供しております。

法人設立の流れ

法人(会社)の設立にあたり、基本的な事項を決定します。

  • 商号(会社名・法人名)

  • 本店(本社等の住所)

  • 目的(登記簿謄本に記載される事業内容)

  • 資本金(株式会社・合同会社の場合に必要です)

  • 決算日

​1. 基本的な事項の決定

法人(会社)の設立にあたり、基本的な事項を決定します。

  • 商号(会社名・法人名)

  • 本店(本社等の住所)

  • 目的(登記簿謄本に記載される事業内容)

  • 資本金(株式会社・合同会社の場合に必要です)

  • 決算日

2.必要書類等の準備

​法人の設立等に必要な書類を準備します。

設立する法人に応じた必要書類を当社よりご案内いたします。

​代理で取得できる書類については、ご要望に応じて当社で取得させていただきます。

3.定款等の書類一式の作成

​法人設立には定款作成や決議書、就任承諾書、払い込みがあったことを証する書面等など多くの書類が必要となりますが、当社では書類等の作成を完全サポートしております。

4.公証人による定款認証

作成した定款を、公証役場の公証人に承認してもらいます。

​定款の認証は、本店所在地を管轄する法務局または地方法務局所属の公証人が行います。

5.法務局への登記申請

​提携する司法書士による登記申請。

​法務局への登記申請は、司法書士の専任業務となります。

6.法人設立完了

登記申請より2週間程度で設立が完了します。

​法人の登記申請に係る書類一式はをファイルにしてお客様へ納品いたします。

ご依頼の流れ

​1. ご相談

​相談は何度でも無料です。

​お電話かお問い合わせフォームからご連絡ください。

​オフィスにお越しいただき、状況やご要望を確認したうえで、詳しい流れやサービス内容をお伝えさせていただきます。

​多言語対応が可能です(中国語、ベトナム語、ミャンマー語、英語)

2.お見積り・お申込み

​​お見積りの内容でご納得いただきましたら、お申込みとなります。

3.設立準備・定款作成

​商号や本店所在地、目的等の決定後に定款を作成させていただきます。

4.定款の認証

​本店所在地を管轄する公証役場で定款認証いたします。

5.出資の履行

発起人様(代表者様の個人口座)へ出資金の入金を行っていただきます。

6.登記申請

​当社提携の司法書士が設立登記申請を行います。

7.開業

登記申請より2週間程度で設立が完了します。

​法人の登記申請に係る書類一式はをファイルにしてお客様へ納品いたします。