【重要】コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う入国拒否

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、4月3日より日本への入国拒否対象地域が拡大されます。


4月1日 出入国在留管理庁より(抜粋)


新型コロナウイルス感染症に関して,4月1日の新型コロナウイルス感染症対策本部による公表を受け,これまで上陸拒否の対象としていた外国人に加えて,4月3日午前0時から,当分の間,添付の表の2の国・地域に滞在歴がある外国人についても,特段の事情がない限り,上陸拒否の対象となります。


4月3日以降に再入国許可により出国した外国人については,「永住者」,「日本人の配偶者等」等の在留資格を有する外国人であっても,原則として,特段の事情がないものとして上陸拒否の対象となりますので,本邦に在留している方は,上陸拒否の対象地域への渡航は控えてください。



4月3日以降に出国した外国人は入国できなくなります!

4月3日以降に出国した外国人については、『永住者』『日本人の配偶者等』『永住者の配偶者等』『定住者』であっても、原則として入国拒否の対象となります。

日本国内に在留している方は、対象地域への渡航を控えていただくようお願いします。


4月2日以前に出国した外国人は?

 4月2日までに出国した『永住者』『日本人の配偶者等』『永住者の配偶者等』『定住者』の在留資格を有する外国人は、原則として入国できます。


「特別永住者」については?

入国拒否の対象ではありません。


入国後はどうなるの?

過去14日以内に対象地域に滞在歴のない方

●空港の検疫所において、質問票の記入、体温の測定、症状の確認などが求められます。

●入国の翌日から起算して14日間は、ご自宅やご自身で確保された宿泊施設等で不要不急の外出を避け、待機することが要請されます。

自宅等への移動は公共交通機関(鉄道、バス、タクシー、航空機(国内線)等)を使用せずに移動できることが条件となりますので、事前にご家族やお勤めの会社等による送迎、ご自身でレンタカーを手配するなどの移動手段の確保を行ってください。


過去14日以内に対象地域に滞在していた方

空港にて検疫官にその旨を申告することが義務づけられています。

空港の検疫所において、質問票の記入、体温の測定、症状の確認などが求められます。

●全員にPCR検査が実施(空港等において、到着から入国まで数時間、結果判明まで1~2日程度待機いただく状況が続いています)


海外に滞在中にビザが切れてしまったら?

海外に滞在中に在留期限が切れてしまった場合は、改めて在留資格認定証明書許可申請を行うこととなります。

申請の受付は、上陸拒否が解除されてからとなります。

審査書類は、申請書と理由書等のみとなり審査は簡略化される予定です。


詳しくは、法務省新型コロナウイルス感染症に関する取組及び渡航自粛の要請について』をご覧ください。




閲覧数:43回