食料品店も対象 10万円コロナ応援金(名古屋市独自)

名古屋市独自の制度として、愛知県緊急事態措置で位置づけられた「基本的に休止を要請しない施設」において、応援金を交付されます。

これまで、協力金等の対象外でした、食料品店や衣料品店も対象になります。


交付額

1事業者あたり10万円(対象施設が複数あっても1事業者当たり10万円です)


申請受付期間

6月下旬から


給付要件
  1. 「対象施設の一覧」に該当する市内の施設で事業を継続していること

  2. 令和2年4月10日以前に開業していること

  3. 令和2年4月10日から令和2年5月14日までの期間に営業していたこと

  4. 「愛知県・名古屋市新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)」、「名古屋市理美容事業者休業協力金(県・市で20万円)」及び「名古屋市理美容事業者事業継続応援金(10万円)」のいずれの交付も受けないこと

  5. 中小企業者、個人事業主及び社会福祉法人等その他法人であること

  6. 交付申請日及び交付決定日において倒産・廃業していないこと


申請手続き

【法人の場合】

  1. 直近の確定申告書別表一の控え

  2. 通帳写し

【個人事業主の場合】

 ※住所が名古屋市外の場合でも、事業所が名古屋市内の場合は対象です。

  1. 2019年の確定申告書B第一表の控え

  2. 本人確認書類(運転免許証)

  3. 通帳写し


申請内容をオンラインで入力し、印刷したうえで添付書類を添えて郵送申請となる予定です。

詳細がわかりましたら、改めてブログに掲載します。


#コロナ #食料品店も対象 #協力金