愛知県・市町村 50万円支給 新型コロナウィルス協力金

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、休業要請期間(4月17日~5月6日)において休業や営業時間短縮の協力をした事業者にたいして『休業協力金』が支給されます。

一部の市町村ではすでに申請が始まっておりますので、改めて詳細についてご案内いたします。


支給対象者

新型コロナウィルス感染症 愛知県緊急事態措置に基づき、施設の休止や営業時間の短縮の要請を受けた事業者


支給要件

①愛知県内に事業所を有すること

②中小企業者、個人事業主、社会福祉法人、学校法人、農業法人等であること

③休業や営業短縮の要請を受けた事業者であること

 協力金交付対象施設一覧(PDFファイル)

④4月17日~5月5日のすべての日において休業またま営業時間短縮をしたこと

 ※4月17日は準備期間のため営業の事実があっても問題ありません

 ※学習塾、ホテル・旅館、商業施設については、4月23日~5月6日において

  休業した場合でも対象となります。

⑤令和2年4月10日時点で開業しており、営業の実態が確認できること

交付申請日および交付決定日において倒産・廃業していないこと


支給金額

50万円(1事業者あたり、複数の店舗があっても1回のみの申請になります)


申請先

①愛知県内に本店のある法人、愛知県内に住所のある個人事業主

 各市町村 市町村申請先Webページ

 郵送申請を行っている場合が一般的です。また、市町村独自の協力金を設けている

 場合もありますので、各市町村のWebページをご覧ください。


②愛知県がいに本店がある法人

 愛知県  愛知県申請Webページ


申請書類

●申請書

●誓約書

●直近の確定申告書

●営業許可書(業種に係る営業に必要な許可がある場合)

●事業所の写真(社名や店舗の名前がわかるもの)及び内部の写真

●本人確認書類

●営業又は営業時間短縮の告知、通知(ホームページやチラシ、張り紙等)

●振込先通帳の写し


5月8日現在は、名古屋市の申請先窓口は開設されておりませんが、一宮市や春日井市等の一部の市町村では申請が開始されています。

早めに申請して、今後の事業継続の糧にしていただきたいと思います。


#愛知県 #コロナ協力金 #休業協力金 #50万円協力金