【速報】外国人留学生も対象 コロナ学生給付金

政府は19日の閣議で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済的に困窮する学生に最大20万円を給付する支援策を決定しました。


政府が創設したのは「学生支援緊急給付金」で、短大や高等専門学校、日本語学校などに通う学生や留学生も対象に含まれます

原則として家庭から自立してバイト収入で学費を賄う学生のうち、収入が大幅に減った学生に10万円を給付する。住民税非課税世帯の学生にはさらに10万円を支給する。


学生から申請を受けた学校側が減収状況などを審査し、日本学生支援機構(JASSO)に給付対象となる学生の名簿を提出する。国から補助金を受けたJASSOが現金を振り込む仕組みです。


支給対象者の要件
  1. 家庭から多額の仕送りを受けていない(授業料を含めた仕送りが年間150蔓延いない)

  2. 原則として自宅外(実家から離れて)生活をしている

  3. 生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い

  4. 家庭(両親)の収入減等により家庭からの追加的支援が期待できない

  5. コロナ感染症の影響でアルバイト収入が大幅に減少している(50%以上減少)

  6. 外国人留学生については、コロナ感染症の拡大に伴い経済的に困窮していることに加えて、次の要件を満たすことが必要。


外国人留学生の支給要件

上記の支給要件に加え、外国人留学生は次の要件を満たす必要があります。

  1. 学業成績が優秀な者であること(例:成績評価係数が2.30以上)

  2. 1か月の出席率が8割以上

  3. 仕送りが月額90,000円以下であること

  4. 在日している扶養者の年数が500万円未満であること


申込みのながれ
  1. 申込書類の作成

  2. 必要書類を学校に提出

  3. 学校内で審査

  4. 学校が審査結果を機構へ提出

  5. 機構から学生への振り込み


コロナウィルス感染症の感染拡大は、働く外国人だけではなく、留学生にも大きな影響が出ています。

日本で学業を続け、将来に結び付くよう、この給付金を活用してほしいと思っています。


#コロナ学生給付金 #コロナ留学生給付金 #コロナ留学生







閲覧数:16回